So-net無料ブログ作成

西洋館のクリスマス・2010☆外交官の家 [横浜のクリスマス]

横浜・山手西洋館で開催中の『世界のクリスマス2010』。
残すところあと2館です。
このふたつは以前にチラ見せした建物ですが、流れに沿ってひとつずつリポートします。

6館目は外交官の家。
この建物は元は東京・渋谷にあったものです。
その名の通り明治時代の外交官内田定槌氏の邸宅で、設計はアメリカ人建築家J.M.ガーディナー。
平成9年に横浜市はお孫さんから寄贈を受け、山手イタリア山庭園に移築復元し、一般公開しました。
外交官の家外観.jpg
室内は家具や調度類も再現されており、国の重要文化財に指定されています。

この、とっても特徴的な建物ではドイツのクリスマスを。
テーマは『ロマンティックカントリークリスマス』です。
クリスマスの食卓.jpg
外交官1.jpg
食卓に大胆にも苔むした木!
お皿はクリスマス専用です。

食卓の奥に気になるものが…。
ヴェッグマン.jpg
その名も《ヴェックマン(白パン坊主)》。
ドイツでは12月6日に聖ニコラウスの日というのがあって
長靴(または靴下)を置いておくとお菓子などがもらえるんだそうです。
その一番上に置くのがこのヴェックマンなんですって。
(ちなみにこの聖ニコラウスこそがサンタクロースの前身です。)

暖炉にはこんな飾りつけ。
暖炉.jpg
…ちょっとカッコイイ。。。
そしてその奥にあるサンルームには…
ブッテンマンドル.jpg
《ブッテンマンドル》です。
これは日本で言うところの『なまはげ』。
写真が見づらいのですが、この藁人形の手にはムチが握られています。

ここは全体的に森の中を再現するような飾りつけでした。
外交官2.jpg
朴の葉ツリー.jpg外交官3.jpg
猫クッキー.jpg
階段吹き抜けの所にあったツリーはプレッツェルやドライフルーツ。
プレッツェルツリー.jpg
よく見るとジャガイモもくくり付けてありますよ[ひらめき]

りんごのツリー.jpg
2階にあったツリーはリンゴばっかりのツリー。
ピンクのアジサイのドライも素敵だし、こういうのもかわいいなあ…!
暖炉の上に何か美味しそうな物があります。
レープクーヘン.jpg
ローテンブルグ名物シュネーバレンです。

隣の寝室にはこれ。
寝室のシュトーレン.jpg
シュトーレン♪

何故か書斎の机にはお菓子の家。
お菓子の家.jpg
ヘンゼルとグレーテルに出てくるヘクセンハウス(魔女の家)。
中にはちゃんとクリスマスツリーなんかもあるし、窓は飴で作ったステンドグラスです。

外交官の家の展示は、色々な風習についての説明がたくさんあって
見どころ満載、豆知識満載でした。
ふんだんに使われた針葉樹のおかげか、森の匂いも再現されていたのでした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。